タグ: 不明

相続に関する胎児の権利能力

相続では、胎児が生きて誕生すれば、遡って胎児中にも権利を取得していたものとみるのです。

886条 1項 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2項 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

胎児が生きて誕生すれば、遡って胎児中にも権利を取得していたものとみるのです。
“相続に関する胎児の権利能力”の詳細は »