縁組をしない場合の相続の法律の決まり

娘婿で養子縁組をしない場合は、法律上の養子ではないので子としての相続権はありません。

娘の配偶者というだけですので相続については娘の親とは無関係になります。
代襲相続人にもなれません、例えば娘が死亡していても配偶者には代襲相続権はできないのです。
婚姻届と養子縁組届とは全く別のものですので相続のときには注意をしましょう。

第二節 相続分
第九百条  同順位の相続人が数人あるときは、
その相続分は、左の規定に従う。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、
子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、

配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。

三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、
配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、
四分の一とする。

四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。但し、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする
兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする
兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

第九百一条  第八百八十七条第二項又は第三項の規定によつて相続人となる直系卑属の相続分は、その直系尊属が受けるべきであつたものと同じである。但し、
直系卑属が数人あるときは、その各自の直系尊属が受けるべきであつた部分について、前条の規定に従つてその相続分を定める。

○2  前項の規定は、第八百八十九条第二項の

規定によつて兄弟姉妹の子が相続人となる場合にこれを準用する。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む