カテゴリー: 納得の上で遺産分割協議書にサイン

生前贈与における相続について

相続で注意すべき点は、贈与する物を明確にすること。 もう一つは、贈与契約書には贈与者と受贈者が署名・捺印をしますが、 署名は自筆でなければなりませんよ

遺産をめぐって相続人同士で争うことは出来るだけ避けたいことです。そこで、自身が死亡する前に特定の人に財産を譲り渡して自分の死亡後の争いをできるだけ防ごうとする意味で生前贈与があります。
“生前贈与における相続について”の詳細は »

相続手続きを簡単にするコツ

相続人の数を減らすポイントとしては本当に遺産を欲しい相続人、または遺産紛争の責任ある立場で取りまとめ解決する。

相続人の数が多い場合、手続きを簡単にするために相続人の数を減らすためのコツ(方法)があります。相続人のある人が、他の相続人の相続分を譲り受け、有効的に遺産分割手続きを推進するようにします。分割について争いごとが多かったり手続きが煩雑、かつ時間がかかる原因のひとつにはたいした財産でもないのに、家庭裁判所へ各自が出頭せねばならなかったり、全員出席になる日がなかなか設定されなかったりする場合があります。
“相続手続きを簡単にするコツ”の詳細は »

相続した遺産の分割をするには

家族で相続した財産を上手に分割するには、どこを注意すればよいかみていきましょう

遺産分割は遺産分割の内容がどのようなものかを考慮して行います。しかし実は遺産だと思っていたものが他人のものであった場合はどうなるのでしょうか。まず真っ先に浮かぶのは無効であるということでしょう。
“相続した遺産の分割をするには”の詳細は »