遺産分割協議書を作成するためには

民法では、法定相続分が定められていますが、
必ずしも、その通りに分割する必要はありません。

遺言が無い場合、
相続人が複数いますと、相続財産は
その複数人の相続人全員の法定相続分で
共有されます。

そして、この共有状態を、解くために、
相続人全員で協議したうえで
分割します。

その協議した結果を、
遺産分割協議書という書面を残すことで、
後に、トラブルにならないようにします。

この遺産分割協議書に押印する印鑑は
三文判でも有効ですが、
本人がきちんと確認したうえで押印したことを
証するためには、
実印を押印し、印鑑証明書を添付しておくことが
良いでしょう。

このようにして協議された遺産分割は、
相続開始時にさかのぼって、効力が発生します。
つまり、死亡したときに、
直接相続されたものとして、扱われます。

なお、遺産分割には、いつまでしなくては
ならないという期限はありません。
ただし、
相続税の申告が必要な方は、
優遇ルールの適用有無が関係しますので、
申告期限までに分割協議をすると良いでしょう。

«
 

トラックバックURL