相続の時にやってくる税金の申告

遺産を相続したら、相続税についても知っておかなければいけません。
相続する遺産総額が一定額を超える場合には相続税の申告をして納税しなければなりません。

その一定額とは
5000万円と法定相続人の人数に
1000万をかけて求めた金額を合計したものとされています。
これを遺産にかかわる基礎控除額と呼んでいます。
相続税とは、相続税とは、亡くなった人の財産をもらったときにかかる税金のことです。
「働かないで手に入る所得には税金をかけましょう」また、「一部のお金持ちに財産が集中することはやめましょう」という考え方により、
日本では相続税がかかることになっています。

相続税の納税義務者(相法1の3)および相続税の課税される財産の範囲(相法2)は、次のようになっています
(相基通1の3・1の4共-3、相基通1の3・1の4共-4)。
(1)相続税の納税義務者が日本国内に住所がある場合
相続などで財産をもらったときに日本国内に住所がある人は、日本国内、国外を問わず、もらった財産のすべてが相続税の対象になります。

(2)相続税の納税義務者が外国に住所がある場合
相続などで財産をもらったときに日本国外に住所がある人でも、もらった財産のうち日本国内にある財産は、必ず、相続税の対象になります。
また、以下の要件1、2の全てにあてはまる場合には、
日本国外にある財産についても相続税の対象になります。
つまり、日本国内、国外を問わず、もらった財産のすべてが相続税の対象になるということです。

(要件)
1 財産をもらったときに日本国籍を有している
2 被相続人(亡くなった人)または、財産をもらった人が被相続人の死亡した日前
5年以内に日本国内に住所を有したことがある

無料で遺産分割協議書の相談ができる
正しく記載することで、遺産分割協議の意義が実現されるのかもしれません。
法律をよく理解することが重要ですね。
www.souzoku-shien.net/legacy

 

トラックバックURL

コメントを書き込む