遺言を作る際注意したいこと

遺言を遺される際、気を付けるべき点はどんなことでしょうか

遺言にはいくつかルールがあります。
たとえば、
『自筆証書遺言の場合、全文、日付も氏名も自筆で』
ですとか、
『2人以上の者が同一書面で共同ですることはできない』
などです。
今回はそれらルールではなく、遺言内容で気を付けたいことに触れようと思います。
                                              
“遺言を作る際注意したいこと”の詳細は »

相続財産管理人とは家裁で選ばれます

利害関係人が被相続人の住所地又は相続開始地の家庭裁判所に相続財産管理人の選任を申し立てます。

相続人の存否が明確でない場合、その相続財産の管理や相続人の捜索等を行う相続財産管理人が必要となります。
家庭裁判所により選任された相続財産管理人が被相続人(亡くなった人)の債務を支払うなどして清算を行った後、家庭裁判所の相続人を捜索するための公告で定められた期間内に相続人である権利を主張する者がなかった場合、家庭裁判所が、相当と認めるときは被相続人と特別の縁故のあった者の請求によって、清算後残った相続財産の全部又は一部をその者に、与えることができます。
“相続財産管理人とは家裁で選ばれます”の詳細は »

法定されている相続人を把握する

被相続人に遺言がない場合、民法の規定に従った人に遺産相続が行われます。これらを法定相続人といいます

被相続人に遺言がない場合、民法の規定に従った人に
遺産相続が行われます。これらを法定相続人といいます。

民法における遺産相続について定められた相続人は、
法定相続人、配偶者相続人、血族相続人に分かれます。
“法定されている相続人を把握する”の詳細は »

相続に関する胎児の権利能力

相続では、胎児が生きて誕生すれば、遡って胎児中にも権利を取得していたものとみるのです。

886条 1項 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2項 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

胎児が生きて誕生すれば、遡って胎児中にも権利を取得していたものとみるのです。
“相続に関する胎児の権利能力”の詳細は »

失踪宣告と相続はこうつながってくる

相続では失踪宣告取消の手続きをする必要があります

一般承継人の一人が行方不明のままだったら・・・・・?
その場合は失踪宣告の手続きが必要になります。
この手続きには約1年の期間を要します。
“失踪宣告と相続はこうつながってくる”の詳細は »

生前贈与における相続について

相続で注意すべき点は、贈与する物を明確にすること。 もう一つは、贈与契約書には贈与者と受贈者が署名・捺印をしますが、 署名は自筆でなければなりませんよ

遺産をめぐって相続人同士で争うことは出来るだけ避けたいことです。そこで、自身が死亡する前に特定の人に財産を譲り渡して自分の死亡後の争いをできるだけ防ごうとする意味で生前贈与があります。
“生前贈与における相続について”の詳細は »

縁組をしない場合の相続の法律の決まり

婚姻届と養子縁組届とは全く別のものですので相続のときには注意をしましょう。

娘婿で養子縁組をしない場合は、法律上の養子ではないので子としての相続権はありません。

娘の配偶者というだけですので相続については娘の親とは無関係になります。
“縁組をしない場合の相続の法律の決まり”の詳細は »

相続の時にやってくる税金の申告

相続税とは、相続税とは、亡くなった人の財産をもらったときにかかる税金のことですよ

遺産を相続したら、相続税についても知っておかなければいけません。
相続する遺産総額が一定額を超える場合には相続税の申告をして納税しなければなりません。
“相続の時にやってくる税金の申告”の詳細は »

財産を相続する時の思考の基本

まず何を相続し、誰が相続し、どのようにするか、ということが大切になってきますよ

相続とは
ある人物の死亡(被相続人)によりその人の権利を、決まった一定の人間が受け継ぐことを相続といいます。
相続するものは以下のものがあります。
“財産を相続する時の思考の基本”の詳細は »

相続手続きを簡単にするコツ

相続人の数を減らすポイントとしては本当に遺産を欲しい相続人、または遺産紛争の責任ある立場で取りまとめ解決する。

相続人の数が多い場合、手続きを簡単にするために相続人の数を減らすためのコツ(方法)があります。相続人のある人が、他の相続人の相続分を譲り受け、有効的に遺産分割手続きを推進するようにします。分割について争いごとが多かったり手続きが煩雑、かつ時間がかかる原因のひとつにはたいした財産でもないのに、家庭裁判所へ各自が出頭せねばならなかったり、全員出席になる日がなかなか設定されなかったりする場合があります。
“相続手続きを簡単にするコツ”の詳細は »

« 過去の記事